色上質紙印刷とフルカラー印刷

2018年12月13日|カテゴリー「販促のお話

 

今回のテーマは、『色上質紙印刷とフルカラー印刷の違い』です!

 

色上質紙印刷は、紙自体に色がついていて、その上に基本は白黒印刷をしていきます。

フルカラー印刷は、白紙にいろいろなカラーを印刷していきます。

その特徴を下記に書きます。

 

色見本

 

【色上質紙印刷】

色上質のいいところは、すでに色がついているので両面同じ色で印刷が可能です。

印刷のたびに、地の色が異なるという事はありません。

また、自社で手作りの案内やショーカード、包装用紙などに広く使用されています。

 

 

【フルカラー印刷】

背景色は印刷の度に色味が多少異なってきます。

ただこちらのいいところは、 色上質紙より安くなること、カラー印刷ができること、画像を入れれることです。

背景色が多少変わっても問題ない場合は、こちらを選ぶ方がいいですね。

また、色上質紙を使うところは減ってきていますので、カラー印刷の方に切り替えてもいいかもしれません。

 

 

いつもの印刷に疑問がある方は、お気軽にお問い合わせください。

 

 

株式会社 明石プリンティング
〒673-0034 兵庫県明石市林3丁目15−45
Tel.078-219-9403
Fax.078-202-5118

(神戸・明石の印刷、デザイン、ホームページ制作、企画)